再生医療

再生医療とは、
ひとが持っている自然治癒力をうまく引き出して、
その機能を回復させる医療です。

多血小板血漿(PRP)療法とは

  痛みの続く関節症、腱・靭帯損傷の修復・鎮痛効果が期待できる治療法です。

 
 血液の細胞成分から血小板を多く含んだ成分だけを取り出した多血小板血漿(PRP)を傷ついた箇所に注入。血小板に含まれる「成長因子」のはたらきを利用して、細胞の成長や増殖を促し、患部の修復・鎮痛を行います。
 

  • 関節の痛み・違和感でお悩みの方
  • 関節炎、腱・靭帯損傷と診断されて、様々な治療法を試している方
  • 関節・靭帯に違和感があるが、同じ治療法を続けて効果が得られない方
  • スポーツで関節・靭帯を痛めた方
  • 手術に抵抗感がある方
ご検討ください。

 血小板は血液1μLに10~40万(個)含まれて、血液全体に占める割合は1%以下と言われています。血小板は、血管が傷ついたとき、傷ついた場所に集まって血を固める働きがあります。その際、血小板から多量の「成長因子」が放出されます。この「成長因子」は、傷ついた組織の修復を促します。
 PRPは血液から血小板を濃縮することにより作成し、血小板に含まれる活性の高い「成長因子」を多く含んでいます。この血小板の放出する「成長因子」の効果により、組織の修復を早めることが期待されます。この効果を利用する治療方法がPRP療法です。
 

多量の成長因子で自己修復機能を促進

 血小板に含まれる「成長因子」の働きによって、患部の自己修復機能が促進されると考えられています。
 

自己血液を使用する治療なので安心・安全

 ご自身の血液をもとにした「成長因子」を使用する治療なので、アレルギー反応等のリスクも少ないです。
 

手術をしない、注射による日帰り治療

 ご自身の血液から抽出した「成長因子」を関節、腱、靭帯に注射器を使って注入する治療なので、手術の必要はありません。